1. TOP PAGE
  2. 角栓とは

角栓とは

角栓とは

角栓とは、皮脂腺から分泌された皮脂が上手く排出されずに、毛穴に詰まり凝固・発達して、固まった状態です。 更に角栓は、皮脂のみでなく、毛穴周囲の角質とうぶ毛が交ざり合い、毛穴で固まっている状態です。

角栓の原因となる要素は皮脂や角質のみならず、化粧品の成分、ファンデーションなどが絡み合い角栓を形成しています。

角栓は、毛穴で固まった凝固物質ですが、皮脂の割合は3割ほどで、残りはタンパク質(角質など)が7割ほどで構成されています。

角栓=皮脂30%+タンパク質70%

角栓

角栓の9割程は皮脂の分泌が多い、額から鼻にかけてのT字ゾーンに発生する傾向があります。
角栓の形状としては、白ないしは黒ずんだ小さな小粒状の固まりで、毛穴周辺に複数見られるのが特徴です。
角栓は、徐々に酸化して最終的に黒ずんだ状態になります。

放置しても体に害を及ぼすものではありません。しかし、美容の観点から気にされる人も多く、適切なケアが必要です。

美容に限れば、放置することにより、角栓が酸化や更に毛穴を押し広げる原因にもなります。
ただ、角栓を除去する場合は、無理に爪などで押し出したり引っ掻いたりすると、炎症や化膿する恐れがあります。
炎症が進めばニキビや色素沈着の原因となり、悪化させる恐れがあるため、正しい除去方法が必須です。

角栓は、発生する前の予防が一番重要です。

大切なことは、日々の正しい洗顔方法にあり、丹念に適切に皮脂や汚れを落とすことにより、しっかりと洗顔して、角栓を予防しましょう。