1. TOP PAGE
  2. 角栓と粉瘤(アテローム)

角栓と粉瘤(アテローム)

角栓と粉瘤(アテローム)

角栓と似た症状で、粉瘤(アテローム)という疾患があります。

角栓は毛穴の皮脂とタンパク質が混ざり合ってできますが、粉瘤(アテローム)は、皮下に脂肪の塊のようなものができて大きくなります。

角栓も粉瘤(アテローム)も皮膚疾患の中ではごくごく一般的に誰にでも発生する症状です。
角栓と粉瘤(アテローム)が周辺部分に同時に発生することもあります。

角栓は固まった後は自然に時間を掛けて剥がれますが、粉瘤(アテローム)は一度発生すると、皮下にできるため自然に剥がれ落ちたり、治癒することはありません。
治療する場合は粉瘤(アテローム)自体を切開して切除することが必要です。

粉瘤(アテローム)の見分け方は、皮膚の中で小さな米粒上の球体が年月をかけて膨らんできます。
大きくなった後の手術は傷が残りますので、ごくごく小さいうちに気づいたら、皮膚科に行って処置を行いましょう。クリニックでは1日に1人はくるほどのありふれた疾患です。健康保険で受診できます。

角栓は、毛穴の症状。
粉瘤(アテローム)は、皮下の症状。

発生原理は似通った状態あり、一緒です。
ただ、角栓は毛穴の汚れさえ防げば予防できる場所ですので、正しい洗顔で予防しましょう。