1. TOP PAGE
  2. 正しい洗顔方法

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法

角栓を予防や発生させないためには、洗顔方法が最も大切になります。

このページでは、角栓を作らないためにも、日々の正しい洗顔方法を身につけて、適切に予防しましょう。

洗顔方法といっても、人により様々です。
大切なことは、高価な洗顔料でも洗顔回数でもなく、正しい洗顔をいかにするかが重要です。

毎日ファンデーションをする人は、洗い残しが発生した場合は角栓の原因にもなります。
拭くだけのクレンジングだけの場合は、表面状では落としきれない残しが発生します。

特に落ちないをフレーズにした化粧品やウォータープルーフは皮膚の分泌成分と化粧品成分が結び付くなどして頑固です。

必ず、クレンジング+水、お湯で洗い流して下さい。

毛穴に取り残されるのを防ぎます。

角栓の正しい洗顔方法

洗顔の際にポイントとなるのが、きめの細かい弾力性の泡です。

これにより、毛穴の奥の皮脂まで根こそぎ洗い流すことができます。

一般的に手の平で擦って泡立てた洗顔料は、分子が大きいため、表面の汚れは落とせますが、毛穴の中までは洗い流せません。

また、保湿成分を洗い流すため、皮膚が乾燥しやすくなります。

しかし、きめの細かい泡を作ることにより、分子が小さくなり、毛穴により入り込んで皮脂を洗い流すことができます。

また、きめの細かい泡により保湿成分が守られるため、洗顔後の皮膚の保湿が保たれて、しっとりとした状態になります。

間違った洗顔方法は、毛穴の皮脂を取り残して、角栓の原因にもなります。

正しい洗顔方法を日々続けることにより、毛穴に皮脂や汚れを貯めずに、角栓を予防することが可能です。

角栓の正しい洗顔手順

洗顔料は特にどんな種類の商品でも構いません。

但し、スクラブ入りは肌に負担を掛けるため使用しません。

台所用ネット

まず、洗顔料を泡立てるために、台所用のネットを用意します。

ネットを水に浸して、良く絞り水を切ります。

そこに洗顔料を付けて、混ぜましょう。

角栓の洗顔料

すると、弾力性の高いきめの細かい泡ができます。

これを皮膚の付けて、押し洗いを行います。

泡の分子が細かいために、毛穴の中まで入り込み、皮脂を洗い流してくれます。

角栓の予防

お風呂に入った時に洗顔を行うとより効果的です。

体が温まった状態では、毛穴が開き皮脂が溶け出しやすいためです。

洗顔は、一日に1回夜。または、一日2回朝晩にします。

特に日中の皮脂や汚れが溜まった夜の洗顔は効果的です。

正しい洗顔方法を身につけて、角栓を予防しましょう。