1. TOP PAGE
  2. 正しい除去方法

正しい除去方法

正しい除去方法

角栓ができた場合は、正しい洗顔を行い、それ以上の発生を防ぐことが大切です。

角栓ができても、しっかりと正しい洗顔をしていけば、いずれは垢となり剥がれ落ちます。

しかし、角栓が気になり除去したい場合は、正しい除去方法をします。

無理に押し出したりすると、かえって炎症がおき、色素沈着やニキビが発生するためです。

特に爪など引っ掻いて取るといったことは不適切な処置です。

角栓は、正しい除去方法で取り除きます。

角栓の正しい除去方法

毛ぬきのピンセットで角栓を除去

毛抜きのピンセット器具を使用して角栓を取り除く方法です。

ピンセットで角栓を除去する際は、周辺の皮膚を傷つけないように、慎重に使用します。

毛抜きのピンセットに関して、100円均一のピンセットでは精密ではなく凸凹しているため、薬局などで販売されているような精密なピンセットを使用します。
角栓は全体にいくつもはっせいしているため、一つ一つを取り除くには時間が掛かりますが、丁寧に除去することにより、毛穴が徐々に小さくなり、効果が期待できます。

但し、ピンセットで除去する以上に、新たに角栓を発生させないためにも、予防としての洗顔が第一に大切です。

蒸しタオルで角栓を除去

蒸しタオルを使用して、角栓を柔らかくする方法です。

顔に、蒸しタオルを被せて、1、2分ほど使用してます。
顔を皮膚温度を温めることにより、毛穴が開いて角栓が柔らかくなります。

蒸しタオルを使用して、顔の角栓部分が温まった後、洗顔料やクレンジング等を使用して、洗い流します。

この時の、泡立てて、押し洗いすると角栓に効果的です。

指と指で押し出して角栓を除去

指の腹を使用して、押し出す方法です。
これを行なう場合は、清潔な手で押し出します。

但し、一般的に指の腹では中々上手く押し出せません。

爪で引っかくと傷ができたりすることがあります。

精密ピンセットを使用する方が安易に押し出せるため、そちらを推奨します。

細い毛のブラシ洗顔で角栓を除去

角栓が発生した初期段階の、盛り上がった状態の時に使用します。

しかし、固く黒ずんだ状態の時に使用すると、逆に傷がいく等のデメリットがあります。

更に、毛穴の奥をブラシで無理擦ると、皮膚が傷つくため、あまり推奨されません。

毛穴すっきりパックで角栓を除去

角栓が発生した場合に、毛穴すっきりパック等を使用して除去することが一般的に知られています。

毛穴すっきりパック等は、毛穴に詰まった皮脂を簡単に剥ぎ取ることができるため人気ですが、皮膚のセラミドが剥がれて、傷ついてしまうトラブルもあります。

そのため、頻繁に使用することは避けて、多くても月に一回ほどにすることが大切です。

但し、頻繁に角栓ができる場合には、パックを使用して間に合わないため、日々の洗顔が重要になってきます。

角栓でパックを使用する場合は、お風呂又は蒸しタオルで温めてから、使用すると毛穴が開いて効果が高まります。