1. TOP PAGE
  2. 角栓と洗顔方法

角栓と洗顔方法

角栓は、皮脂が固まって詰まり、固くなった状態です。
文字通り、角質に皮脂が栓となっています。
鼻先にできやすいのが特徴です。

角栓

一度できると、更に下の分泌される皮脂を巻き込み巨大化するか、自然と剥がれ落ちるかのいずれかです。
爪で無理に剥がすと菌が入ったり、炎症を起こすため、皮膚科でピンセットで押し出すなどの処置を受けましょう。

角栓を予防するには、1にも2にも洗顔の仕方が重要です。
一般的に洗顔量で洗うだけでは表面の汚れは取れても、中の皮脂までは取り切れません。
それが時として、角栓の原因になるのです。

皮脂を完全に近く洗い流すには、まず洗顔量を泡立てる必要があります。
一般的な台所用のネットを用意します。

台所ネット

ネットを水に付けて、良く絞り洗顔量を付けて泡立てます。
すると、弾力のある固い泡ができるはずです。

角栓洗顔

これは、キメが細かいため、皮膚の皮脂腺まで入り込み、根こそぎ油を洗い流してくれます。
しかも、皮膚を傷つけないために、洗顔後の保湿普通に洗うより、断然高くなります。

毎日の正しい洗顔を心掛けて、角栓を予防しましょう。

角栓スキンケア