1. TOP PAGE
  2. 鼻角栓のケア

鼻角栓のケア

鼻角栓のケア

角栓は顔の中でも、Tゾーン。
特に鼻にできやすいといわれています。
最も皮脂の分泌量が多く、角質層のタンパク質と交わって角栓が固まりができ、発生しやすくなります。

そのため、角栓を発生してからケアをおこなうよりも、日々コツコツと洗顔やケアが大切です。
特に鼻周辺の毛穴は角栓が発生すると、初期は黒ずみではなく白い色をしており柔らかくなっています。
その後、すぐに固まり酸化して黒く変色していきます。

鼻の角栓は目立ちがちなため、爪で引っかいたり、無理やり固まった角栓を引き剥がしたりするのはトラブルの元です。

また、鼻専用の毛穴パックは手軽に鼻の角栓を除去できる人気の商品です。
しかし、皮膚に負担をかけるため、月に一回程度が限度になり、頻繁にはおすすめできません。

固まった角栓を無理に除去すると、正常な皮膚まで剥ぎ取られてしまい。傷が残る場合があります。
そのため、数か月~半年ほどかかる場合もありますが、自然に剥がれ落ちるのを待つ方が賢明です。

その間は、しっかりと洗顔をおこない、新たな角栓の再発を防ぎます。
毎日の洗顔やケアによる予防や改善が大切です。

鼻角栓