1. TOP PAGE
  2. にきびと角栓のケア

にきびと角栓のケア

にきびと角栓のケア

角栓はにきびの芯となるものが皮脂やたんぱく質を巻き込んで発生します。
毛穴に詰まった角栓は菌の繁殖によって炎症を起こすことがあり、大人にきびの原因にもなります。

角栓は、にきびと合わさって発生する場合も多く、通常の角栓以上に厄介であり、幹部にはにきびによる炎症を伴います。
にきびは、白にきびと呼ばれる初期段階で正しいケアをすることによって、それ以上の悪化を防ぎます。
アクネ菌が増殖して赤く腫れ、更に重度になると膿をもちます。
ここで正しいケアを怠ると、さらに悪化して、にきびが治った後も跡が残ってしまいます。

更に、にきびに角栓が混ざり悪化することもあるため、正しいケアが大切です。
にきびと角栓がセットでできたときも焦らずに、正しい洗顔をしていると、にきびはよくなります。
やがては、角栓も自然と剥がれ落ちるケースが殆どです。

ここで重要なことは、にきびと角栓がセットの場合は、ピンセットや毛穴パックで取るといったことは悪化を招くためおこなわないのが基本です。
クレンジングやメイク等も悪化を招くため使用しません。

にきびは、無理に自己流の治療法を行なうよりは、皮膚科で治療することをおすすめします。
今では、にきび治療はクリニックの皮膚科等では、当たり前の診療です。
保険治療もできるため、積極的に利用すべきです。

なお、角栓だけの症状に限るとクリニックの診察等では美容の部類に入るため、自由診療分野になります。
そのため、ピーリングで肌の代謝を高めたりといった方法があります。
いずれにせよ、にきびは正しい洗顔による自然治癒が治療の基本になります。